« 明日こそ | トップページ | 13ヵ月ぶり »

2016年12月 6日 (火)

訪問者

9時過ぎ、お茶を飲みながら新聞を読んでいると玄関先から声がする。

近所の人の声かしら? と思っているとピンポーンとなりましたよ。

あぁ、うちにお客さんだよ。

玄関に出てみると、いつもお世話になっている汲み取りのおっちゃんと見知らぬ女性。

「以前住んでた家はまだ空いてるのかな?」

というご質問でした。

どうやら女性が住まいを探しているところで、汲み取りに来てもらったついでにおっちゃんに「どっかいい家ないかしら?」と相談したようです。

ははーん、なるほど。

「いえね、残念ながらすでに誰かお住いのようですよ。汲み取りとかガスとかどこに頼んでたの? と家主さんに聞かれましたもん」

と回答。

家が狭く、お子さんが中学生になる(なった?)のでもう少し広い家に引っ越ししたいけど、探しても探しても見つからないから汲み取りに来てもらったついでに相談したら、ぴょんさんを紹介されたのとのこと。

おっちゃんナイス。

ただ、すでに借り手がついてしまっていたことが残念。

「この近所で一軒、貸家の張り紙がしてあって連絡先が書かれているお家があるけど見に行きます?」

と女性に聞いてみたところ、「行ってみたい」とのこと。それではと、徒歩でご案内。

ちょうどお庭に軽トラが停まっていたので、誰か来ておられるのかと玄関をノックしてみたけど返事ナシ。

それでも、ちゃんと貸家と連絡先が書かれた紙は貼られたままだったので、貸すのはOKってことよねということで後は連絡してみてくださいね〜ということでお別れしました。

それから数十分後、またピンポーンとな。

先ほどの女性だわ。

連絡しようとしたら、家の裏でおっちゃんが作業されていたとのこと。すぐ話しをして家の中も見せて貰ったのよという報告でした。あぁ、それは良かった。

タイミングが良ければ、トントンと気持ちよく決まるものなのかもしれませんね。

なんか、気持ちのよい午前中でしたわ。

って人のことなんですけどね。

|

« 明日こそ | トップページ | 13ヵ月ぶり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 明日こそ | トップページ | 13ヵ月ぶり »