« ゴミ拾い | トップページ | ゴロゴロ »

2012年7月 2日 (月)

大黒ごはん鍋

今年に入ってから炊飯器が不調。

ま、15年以上使っているので、寿命ということかもしれません。

もうすぐ炊き上がる

という直前のゴゴゴゴーという音がし始める頃になると、ピーと警告音。

表示を見ると、

内釜の下に何かありませんか

という注意に相当する番号が表示されるということが数回ありました。

えー、内釜が濡れてたのかしら?

と思い、電源を切って確認してみるも何もナシ。

再度、炊飯ボタンを押してうまく炊けることもあれば、同じ表示が出ることも。

それでも、しつこく早炊きボタンを押したりしつつだましだまし使ってましたわよ。

だって、それなりに使えてたんだもん。

それが先週のこと、また途中で止まってしまい表示を確認すると、

販売店で修理をしてください

に相当する番号が出ているではありませんか。

今度ばかりは、スイッチを切るボタンを押しても応答なし。

ありゃりゃ

仕方ないので、コンセントからコードを抜いて強制終了。

炊き上がり数分前だったため、ちょっと固いなりにもご飯が炊けていたのがせめてもの救い。

あー、こりゃダメだ

ということで買い直す決意を。

ネットで検索してみると、IHやら圧力IH、マイコン、電子、など炊飯方式もさまざま。

内釜も、羽釜に鉄釜、ダイヤモンド釜とこれまた色々。

どこがどう違うのか???

しかも、価格差がありまくり。

正直、選ぶに選べない状態。

あたしは、白米のほかに玄米とおかゆが炊ければいいんだけどね〜。

その日はあまりに悩ましい選択に惑わされ、考えるのを放棄してネット検索終了。

煮えたぎった頭でダーリンに相談すると、

「鍋で炊けば」

とのこと。

はぁ、そういう選択肢もアリだけどね〜、確かに。

ダーリンはワンダーフォーゲル部出身なので野外での調理はお手のもの。

だからそんなに簡単に「鍋で炊けば」って言えるんだよ。

あれ、あれれ。

そういや、随分前にお友達のMちゃんが

「ご飯は土鍋で炊くことにしたの」

とか何とか言ってなかったっけ???

そうよ、鍋と言ったってペラペラの金属鍋じゃなく、土鍋というものがあるじゃないのよ。しかも、美味しく炊けるというイメージだし。ニマニマ。

しかし、わが家には土鍋がない。

こりゃ、検索してみるか

とネットで”炊飯、土鍋”で検索・検索。

いやー、あるじゃん。いろいろと。

てなわけで、節電とか言われている今日この頃、わが家も炊飯器を卒業し土鍋でご飯を炊くことに決定いたしました。

これまでも、予約炊飯するわけでもなく(そもそも炊飯器についている時刻さえも合わせていない)、保温するわけでもなく、単純に炊飯のみの使用だったわけですよ。

炊き上がったら保温せず食べて、残りは1食分ずつラップして冷凍してたんだもん。

ガスで炊くか電気で炊くかの差だけではないのだろうか。

ええ、ものは考えようですね。

そして、注文いたしましたのよ♪ ホホホ。

土鍋でご飯

と考えるだけで、

どんなおかずが合うだろうか

とか食べ物のことばかりが頭の中をグルグル。

待ち焦がれていたご飯用土鍋。

それが、1回目に到着したときには、割れていたんですの。トホホ。

いやーん、めっちゃショック!!!

すかさず発送元に電話して対応していただき、2個目を発送していただきましたよん。

待ってました。

こちらが注文していた『大黒ごはん鍋』。

大黒ごはん鍋

いやー、カッコイイですね。

家族ふたりなので3合炊きにしました。

最初は、

米のとぎ汁を煮詰める

という作業が必要ですが、それも面倒なので第1回目はおかゆを炊くことに。

待ち切れないので早めの夕食です。

大黒ごはん鍋

梅干しとキムチを乗っけてみました。

う、ネットリして美味しい♪

炊飯器でも結構おかゆを炊いていましたが、それよりお米ひとつひとつが重たい感じにできてますわ。

食べごたえアリ。

サバを焼いたり、ご近所さんに頂いたニラを入れた卵焼きを作ったりして、ふたりで1合分のおかゆをペロリ。

あー、美味しかった。

特別、火加減が難しいということもなく、沸騰してから30分ほどでできあがりましたよ。

満足じゃ〜。

明日は、白米&玄米の混合で普通に炊いてみようっと。

白米&玄米を炊いてみました。

玄米を炊いてみました。

|

« ゴミ拾い | トップページ | ゴロゴロ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゴミ拾い | トップページ | ゴロゴロ »