« 夕焼け | トップページ | 直七(なおしち) »

2009年9月12日 (土)

幡多学講座(第2回)

幡多学講座
第2回の幡多学講座

四万十青ノリ、柴づけなど川漁とくらし

「四万十川下流域の漁業を語る」

に参加してきました。

午前中は、四万十市下田にある『四万十いやしの里』で3名の講師による講義を受講。

青ノリやアユの話しを聞きました。

汽水域ってすごいなぁ

と感動。

数々の生物が生息しているんですね。

そういえば、川を利用した漁ってなかなかお目にかかれませんよね。

実家近くにも川はありますが、川漁をしているなんて聞いたことありませんもん。

今年は、青ノリもアユもよくとれたそうですが、以前に比べれば量は少ないのだとか。

高級品なハズです。

貴重な資源、何とか維持していきたいものです。

何ができるのか?

午後からは、四万十川下流域にあるワンド(川に側にできる水たまりのようなもの)にて生物調査。

長靴はいて貸してもらった網でザバザバ景気良くすくってはみるものの、なかなか魚がとれません。

30分ほど作業し、少々捕まえられたくらいです。

講師の方とアシスタントさんは、さすが捕獲も上手です。特殊な網を使ってますしね~。

とれた魚を解説していただきました。

近頃の雨は、ドカーンと降ったかと思うと全然降らなかったりと変化が激しい。

というわけで、川の塩分濃度の変化も相当激しいようです。

河口からかなり上流まで、海の魚が入り込んできているようです。

環境に適応できる生物が残っていくのでしょうね~。

色々な方の話しが聞けて、実習ありの充実した1日でした。

次回は、

11月7日(土) 10:00~16:00

四万十楽舎にて「幡多の森と炭づくりを語る」だそうです。

うぅ、これも参加してみたいな。

地域のことを知り、たくさんの方々とお会いできるって刺激的です。

詳しくは、こちら(↓)

幡多学講座

|

« 夕焼け | トップページ | 直七(なおしち) »

コメント

yumeです。
さきほどはコメントありがとうございました。
ぴょんさんとは同じ幡多地域で、近いところに住んでいるようです。
年代は違うけど同じような生活意識のようで嬉しいです
これからもよろしくお願いします。

投稿: yume | 2009年9月15日 (火) 23時30分

yumeさん

コメントありがとうございます。
こちらこそ、よろしくお願いします。

投稿: ぴょん | 2009年9月16日 (水) 10時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夕焼け | トップページ | 直七(なおしち) »