« はちみつ | トップページ | そろそろ終盤 »

2006年7月14日 (金)

アセモ水

アセモ水

お昼近く、「勘弁して暑い~」とウダウダしていたら、大学時代の友人から荷物が届いた。

このブログを見て、”あせもで苦労してるんだな”と思ったらしく『アセモ水』なるものを送ってくれたのです。←写真下の褐色ビン。

や、やさしい。

彼女のふるさとである愛媛県にある薬局で処方されたものらしい。

どうりで、外見がいかにも薬品って感じだったわけだ。

しかも、ビンには薬局名のほかに「皮膚剤 アセモ水」

あせも、ただれ、湿疹、毒虫さされ

1日数回適量を患部に塗布する。

とある。

『アセモ水』という名前だけど、皮膚疾患に効果ありってことね。この時点で期待大です。

この薬、彼女は小さい頃に、現在は息子のHくんが使用中と親子2代で使っているそうな。

あせもには『アセモ水』ってことなのね。

ますます期待が高まる。

早速、シャワーで汗を流し、コットンにとって問題の首にぬりぬりしてみました。

うぅぅぅ、懐かしいニオイ。これ、子供のころに塗っていたあせもの薬(白色の軟膏だったと思う)とおんなじにおいだ!

何が入ってんだ?と思い、ラベルを見てみると、

成分・分量は

酸化亜鉛

グリセリン

液状フェノール

キヨウニン水

精製水

となっておりました。

どれがにおいのもとなんだろ?

使い心地は、ちょっとサッパリした感じ。なんといってもにおいが効きそうよ!

いやー、ありがとう。

べたつくびわの葉エキスより使い勝手がいいようだわ。

『アセモ水』以外にも、ぴーなっつ最中、ピーナッツキャラメル、サバカレー、塩ゆでピーナッツ、ひめぽんゼリーとおやつも盛りだくさんだったのです。うひょひょーい♪

千葉に住む彼女らしい、ラインナップ。さりげなく、愛媛のものも入っているところが良かったわ。

こんなにいっぱいありがとね

これで、完全にあせもとバイバイできそうです。にんまり。

|

« はちみつ | トップページ | そろそろ終盤 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« はちみつ | トップページ | そろそろ終盤 »